ラジオ 改編 感想 くまきもえ 茨城放送に!高橋圭太 秋田テレビでMCに!

脱東京と東京依存 2極化 ?

ラジオ 改編 感想。春と秋に訪れる全国のラジオリスナーに下される「審判」、それが番組改編期。大野勢太郎さんが平日にNack5に登場するなど嬉しいニュースがある一方で、激震が襲っている愛知のFM界隈。

自分にとっては茨城放送、ラジオ沖縄、ワイドFMがスタートしたラジオ日本の改編はどうなるのかと心配でしたが。この3局に関しては恐れていた大改悪はありませんでしたので一安心してることろなのですが…。

スポンサーリンク




ラジオ 改編 茨城放送は?

radikoのエリアフリーで聴けるようになってから聴いている茨城放送は昨年秋の体制が変わるという発表もあって期待と不安が交錯していた春の改編。番組自体では恐れていた「大改悪」は無く、日曜日の演歌の番組も宮路オサムの番組は終了するも多岐川舞子さんや築島さんの番組は継続。ラテンフォルクローレも継続で一安心。平日は22時の夜までは自社制作率が圧倒的に高いことから評価するのですが。期待してた22時からの2時間はニッポン放送の番組をこれまでどおりに流すようなのは個人的にはガッカリ。

一方、番組よりもアナウンサー、リポーターが3人退社したりとマイクの前から去る事態に対しては大変残念です。「あさチャン」にも出演してた山川さん、「フルマン」の高橋圭太さん、そして、茨城放送を聴き始めた時からスクーピーを担当していた水越恭子さんの件。




筑西市の広報誌の4月号でインタビュー記事が掲載されてますけど。読めば読むほど納得がいきません。ラジオが好きでラジオの現場に常にいた水越さん。菊地真衣さんも好きだし、頑張ってるし、凄いと思うけど。自分にとっては茨城放送=水越恭子といっても過言ではない存在の声が聴け無くなるのは大きな損出です。28日の放送が最後の出演となった「サタキン」でのバロンさんの「船越さん」が聴けなくなるとは…。

淋しいので検索してたら、2015年ぐらいまでは栃木で活躍されていたそうで、「宇都宮ケーブルテレビ」のキャスター時代の写真や、「通販『あるよ』アワー BY U・CAT・V」のYouTubeで動く若かりし頃の水越さんを発見。5年近く茨城放送で頑張ってくれてたんですね。

高橋圭太さんは何処で?

大きな損出でいえば高橋圭太さんも同様。春こそはと期待していたけど。Twitterでの花束の動画で全てを悟りました。本当に残念です。男性アナウンサーでいえば、「とんかつワイド」時代の斉藤一美アナを彷彿とさせる楽しさ、面白さ溢れるトークとリスナー愛。番組で何度かメール読んでもらいましたし、悩み相談のコーナーとか1時間があっという間だった「フルマン」。幸いにして録音してたので保存分は何度でも聴けるけど。「今」の高橋圭太の喋りが聴けないのは残念でなりません。数年前に亡くなった日高晤郎も大喜びしていた「radikoエリアフリー」の時代。

菊地真衣さんの番組が評価されたように、「フルマン」も続いてれば絶対に全国から評価の声がラジオファンから聞こえてたはずです。「高橋圭太」で検索すると、舞鶴の人が検索で表示されるけど。早く元茨城放送のほうの高橋圭太の新天地での活躍を耳にしたいと思っていたところ、故郷の秋田テレビでアナウンサーとして再出発することが明らかに。秋田テレビのプロフィールの写真を見て余りのイケメンぶりに最初は目を疑いましたが。『好きな言葉 「情熱は伝染する」 』は間違いなくアノ人です。

4月2日から木曜、金曜の18時14分からの「Live News あきた」のメインキャスターとして故郷に錦を飾ります。暫らくはというか、ラジオで声を聴くという望みは消えてしまいましたが。テレビだろうとラジオだろうと「情熱は伝染する」をモットーに頑張って欲しいと思います。




去る人もいれば来る人もいる。茨城放送の4月1日の「ハッピーパンチ」でデビューするのは3月までFM愛知の「#funday」で喋っていたDJのくまきもえさん。「アシスタント」というので愛知時代とは若干違うかと思いますが。御本人のTwitter、愛知の番組を愛していたリスナーさんの投稿を見ると楽しみなのは言うまでもありません。くまきもえさんをきっかけにして他番組を聴く人が増えてくれればいいのですが。

茨城放送のリスナーは水曜、木曜放送分のFM愛知の「#funday」がタイムフリーで聴けますので、こちらもチェックを。

ラジオ 改編 ラジオ沖縄は?

最近、頻繁に聞いているラジオ沖縄の改編といえば木曜、金曜の放送の「山原麗華の元気なナツメロ(爆笑)」が水曜日に移動したというのと、小磯さんの「センチメンタル歌謡曲」が時間短縮になったぐらいで大きなニュースはありませんでした。新型コロナウィルスの影響でナイターが始まるまでは水曜だけではなく木曜、金曜の18時半からも山原麗華さんは登場するようですが。

ラジオ沖縄を本格的に聴くようになったのは、水曜にやってた市来朋子さんの「今夜も音楽三昧」を聴いたのがきっかけでした。たまたま合わせたら面白くて温かみのあるトークと声にハマった市来さんの番組が秋に終了。市来さんが「ラジオ沖縄は面白い番組がたくさんあるので、これからも聞いてくださいね」というので、それ以降ラジオ沖縄を聴くようになったら面白い番組ばかりでしたので今も聴いています。




特に最近のお気に入りは14時半からの「グートゥーミートゥー」。「ツムツム通信」は涙の打ち切り、「エディット」も3月で終了が先日伝えられましたが、「グートゥーミートゥー」は4月以降も継続が決定しました。リスナーに自宅を知られたり、プライベートで街を歩いている時に発見される率が高いという過呼吸になるまでに笑う笑い声が「15時40分」になると更に大きくなる城間盛次、もーりーさんの月曜、火曜日、沖縄訛りのトークと笑い声がたまらなく可愛い川満アンリさんの木曜、金曜。そして二人が揃う水曜日と飽きることのない楽しいリスナーさんのメール。4月以降も楽しみです。

RBCiラジオは?

沖縄の場合はラジオ沖縄よりもRBCiラジオが大改編を。RBCiラジオは箕田さんの番組を聴くぐらいなのですが。「ホリデー」が拡大するのは嬉しいですが。22時のゾーンがTBSラジオの番組になるのはなんだかなぁと。

「セッション22」はTBSラジオで聴いてますし、好きですけど。一つの番組が全国で聴かれるのは良い事なのでしょうか。この時間でいえば、文化放送の「レコメン」、ニッポン放送の「オールナイトニッポンゴールド」が同じように全国で。新潟のFM PORTが経営難で6月30日に終了、閉局とニュースがあったりと経営が苦しいのは理解しますが。これをやりだしたら戻れませんよね。HBCラジオで「夜はこれから」、ラジオ大阪で「ブンブンリクエスト」とかを聴いてた自分的には残念な状況です。

そんな中、一石を投じようとしているのがラジオ沖縄。クラウドファンディングを利用して立川こしらさんの番組を始めるのが話題になってますが。こういうのは有りだと思うし、大成功して欲しいと思います。

落語家 立川こしらと一緒にラジオ番組を作りたい! クラウドファンディングスタート!

番組ではなく、ラジオ局をクラウドファンディングで支援とかできないものでしょうか。NHKの受信料とか止めてラジオ版の「ふるさと納税」のような。公開放送の優先席やDJのトークイベントがリターンとかならラジオ好きは支援するのではないでしょうか。通販番組や過払い金の弁護士、司法書士のCMはウンザリです。




AMラジオ 廃止 ラジオ日本 どうなる?遠距離受信の楽しみが消える?

スポンサーリンク