AMラジオ 廃止 ラジオ日本 どうなる?遠距離受信の楽しみが消える?

AMラジオにいったい何が

AMラジオ 廃止 容認?民放AM放送を廃止してFM放送への転換を容認する方針を総務省が出したというニュースが。首都圏ではTBS、文化放送、ニッポン放送、茨城放送、栃木放送がFMでも聴けますが。今もAMのみでFMでは放送してないラジオ日本はどうなるのだろうか。2023年から実証実験が始まそうですが。

スポンサーリンク




AMラジオ 廃止 遠距離受信の楽しみが消える?

放送局サイドは一刻も早く「FM放送のみ」に切り替えたいようだけど。全部のAM放送局がFM放送になったら、ラジオの楽しみの一つ、ラジオにハマるきっかけの人も多かったであろう遠距離受信の楽しみは間違いなく消えます。

東京から何故、愛知の東海ラジオ、大阪のラジオ大阪、北海道のHBCラジオが夕方頃になると聴こえるのか不思議でならなかった中学生時代。

森川美穂、小森まなみを知り、「元気が出るテレビ」の兵頭ゆきがラジオもやってるんだと思った東海ラジオ。日曜深夜に大阪ではまだラジオやってるのかと鶴瓶と新野新の「鶴瓶・新野のぬかるみの世界」のラジオ大阪、ABCラジオでの北野誠の「サイキック青年団」にも出会った。寝ぼけまなこというより、目をつぶっててもダイヤルを回すだけで選局できるのもラジオの強みであり、面白さでもありました。




東京からFM沖縄が聴こえた夏

FMを聴くようになり、FM富士でJFN系の「ポップナウ」とか「パジャマプレス」とかの番組が流れて楽しかったのも束の間。FM富士が独自番組路線に移り、JFN系の番組を流しているFM群馬をどうしたら東京から聴けるのだろうかと試行錯誤して数千円のトンボ式アンテナを購入も無理で、その代わり暫くして開局したFM栃木のレディオベリーを聴けるようになり嬉しくなったのも束の間。暫くしてインターFMが開局してしまい、レディオベリーを聴くことも不可能になってしまいインターFMを恨んだこともありました。

 夏場には電離層の関係でFM沖縄が東京から聞こえたこともありました。同級生は知らないであろう地方のラジオを聴いている自分は凄い事を経験しているような優越感、感覚は今でも忘れられません。

radikoは便利だけど…

今ではradikoのエリアフリーで北海道から沖縄までのほぼ全てのAM・FMの放送局の放送を高音質で聴けるので、ラジオを動かしたり、アンテナを触ったりする必要もなくストレス無く楽しめるのは正に天国なのは言うまでもありません。




しかし、高音質のradikoよりも雑音混じりのAMの電波で放送を聴くのが楽しみだという人も少なくないはず。CDやハイレゾよりもレコードの音が好きな人がいるように。AM品質の音で聴けるFMラジオの受信機なんてのも今後もしかしたら出てくるかもしれませんが。

ラジオ局としては最悪の場合、FMすらも廃止してradikoでのストリーミングサービスのみにということも数十年後には考えていたりするのでしょうか。その頃には自分は生きてないでしょうけど。

AMラジオ 廃止 どうなるラジオ日本

そんな先の事よりも取り敢えずは2023年。首都圏でFM放送してないAM局はラジオ日本のみですが。果たしてラジオ日本はいつ頃FM化するのでしょうか。最近、一番聴いているラジオ局がラジオ日本と茨城放送。東京のどの局よりも早くFM放送を開始した茨城放送。品川、大田といった城南地区からは茨城放送は殆ど聴けないので、radikoエリアフリーのおかげで新たな発見の毎日です。

ラジオ日本だけはラジオ界のテレビ東京としてAM放送をずっと続けていって欲しい気がしますが。今のところFM放送の話は自分の聴く番組やラジオCMでFMへの移行を告知しているのを聞いたことがありません。果たしてどうなるのでしょうか。




茅原実里 写真集 電子書籍 でも発売中!流木とのコラボに何が?

TWICE Fanfare 予約 情報 7月8日発売で4年連続紅白出場を狙う?

スポンサーリンク