Liveticket.com

演劇集団キャラメルボックス クロノス&パスファインダーの感想

三月の自分は正に「キャラメルボックス」に始まり、「キャラメルボックス」に終わる。そんな「月」です。 10年ぶりの再演となる「クロノス」と初めての上演となる成井豊さん書下ろしの「パスファインダー」。 肉体労働な仕事帰りに、池袋まで行き、約2時間の舞台を観劇するのも正直体力いるので、 ギニュー隊長と入れ替わった悟空のような吸原のような状態で毎回、サンシャイン劇場にいます。

クロノス

残された僅かの時間に来美子さんを救うべくクロノスに乗り込む吹原
お前は大馬鹿者だっ!

「かっぱえびせん」を舌で溶かしながら腹を満たしていたという噂がある菅野良一さんが初演で演じた吹原を、 同じく初演で「ライト」を演じていた畑中智行さんが熱演。

パスファインダー

亡き兄に逢うべく23年前に旅立つべく、クロノスに乗る笠岡
ヒー兄ちゃん、クロノスに搭乗!

「クロノス」と違い、今回が初めての上演となる「パスファインダー」。 「パスファインダー」って、イラストレーターの用語だったんだよなと気づいたのは、つい最近。