追跡バスターズ 大衆演劇 座長 誰?三味線屋の勇次 中条きよし 激怒か?

追跡バスターズ 大衆演劇 座長 に一体何が?三味線屋の勇次 激怒か?

追跡バスターズ 大衆演劇 座長 に一体何が?4か月ぶりに放送のヤラセ一切無しのガチンコ系ドキュメント番組「追跡バスターズ」。6月5日の放送では大衆演劇の座長が高齢者を相手に借金を重ねて行方不明というネタが放送されるそうです。

スポンサーリンク




コツコツと貯めた老後の資金が…

老後の資金として2000万円が必要です。年金なんか当てにしないで自分たちで勝手にやってくださいと「百年安心」と嘯いていた国が言うまでになってしまった日本。金融庁が年金では足りないから貯金せずに資産運用しろって凄い国になったよなぁ。大企業勤めで厚生年金、厚生年金基金と払い続けてた人以外は全滅じゃないだろうか。

ましてや年収200万の人とかは大半は生活するのに精一杯。資産運用どころか貯金なんかできるわけがないわけで。そんな中、「国なんか嘘しか言わないから信用してない」からと贅沢することもなく、コツコツと貯めた老後の資金が振り込め詐欺、オレオレ詐欺に引っかかってしまったというニュースには怒りしかありません。

先日もタイで15人近くの日本人が逮捕されましたが。メディアの中には電話していた人間も借金をしていて逃げるに逃げれなかった可哀想な人達という印象を持たす報道がされましたが。そういう容疑者のサイドストーリーはどうでもいいことです。

「15人の人間が高齢者の人達を騙した」という事実を報道すべきです。そして、15人の実名を報道すべきです。自分の知る限り二、三人しか容疑者の名前が報道されてないけど。人数が多かろうが少なかろうが報道すべきです。

これに限らず、最近の事件、事故のテレビの報道は思い込み、妄想、創作が必ずついてくる。何も知らない素人がニュースにケチつけて炎上することで視聴率を取る。立川志らくの「ひるおび」とか松本人志の「ワイドナショー」とかがデカい顔して訳知り顔で講釈垂れる。そういう番組ばかりで正直ウンザリです。




追跡バスターズ 大衆演劇 座長 は誰?

話を戻し、5日放送の「追跡バスターズ」。大衆演劇といえば都会では目にする機会がありませんが。ドキュメント番組などで見る限りは、娯楽を地域の人に与える演劇集団。日本中を移動する為に舞台にも出演する役者の子供達は学校を転向してばかりの為に友達ができないという大変な仕事というイメージがあります。

日本に大衆演劇の数は何個あるのかと思い調べてみました。大衆演劇「公式」総合情報サイト0481.JPによれば200近くあるようです。もっと少ないと思っていただけにこの数には驚きました。

大衆演劇というと、役者に「おひねり」を首にかけたりして渡してる映像が記憶にあります。ファンの人が「頑張れ」という意味で役者に渡すのは個人の自由かと思いますが。そのファン心理を利用して、ファンに金銭を要求するのは論外。

追跡バスターズで紹介される大衆演劇の座長のケースは「新しい劇場を建てて一座を再建するため」と称して6000万円近くも一人の女性から搾取したとか。そこまで行く前に気づいて欲しかったと思うも、6000万円支払ってた側を非難するのは筋違い。叩かれるべきは立場を利用した座長です。

この座長と直接対決するのはTVKで平日15時から再放送中、「新必殺仕事人」で「三味線屋の勇次」として出演している中条きよしさん。三味線屋の勇次は仕事料を依頼人から受け取って仕事をするわけですが。仕事料を高齢者の女性から貰いっぱなしの座長に中条きよしは何を思うのでしょうか。




追跡バスターズ イケメン詐欺師Z モザイクで本当にイケメンなのか疑惑

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする