日高晤郎ショーフォーエバー 終了 STVラジオ 3月1日 発表 新番組 誰 が?

日高晤郎ショーフォーエバー 終了

日高晤郎ショーフォーエバー 最終回 は3月23日にSTVホールで公開放送となります。先週同じくSTVホールでみのや雅彦、中村仁美、嶋三喜夫の三人を迎えて行った公開放送の翌週にリスナー激震の「日高晤郎ショーフォーエバー」の終了が吉川アナから語られるとは…。

スポンサーリンク




日高晤郎ショー フォーエバー 最終回 は3月22日

全道のみならず、全国のラジオファンもradikoで聴いている日高晤郎ショーフォーエバー。昨年春に日高晤郎さんが突然亡くなり、どうなってしまうのかと思っていたら、「ラジオが大好き」の吉川アナが番組を引き継ぐ形で「日高晤郎ショーフォーエバー」を担当して一年後に待っていた衝撃。

ヤクルト ネット配信 は FODプレミアム で!23日 阪神戦 も配信!

 今想うと、3月29日のわくわくホリデーホールでの4人の歌人のイベントが決定した時点で日高晤郎ショーフォーエバーの終了も決まっていたのではなかと思えてしまいます。STV55周年で五木ひろしとのコンサートを終えた後に行われたのが、日高晤郎が応援する歌人6人とのコンサート。

 参加していた歌手のブログ、SNS、美帆隊長のブログなどで晤郎さんの姿は今でも確認できますが。「最後の晩餐」となった6人と打ち上げをしている時の晤郎さんと一緒に写る松原健之、こおり健太、走裕介、パク・ジュニョンと吉川アナが再び同じ舞台に立つチケット完売の「日高晤郎ショーフォーエバー縁の贈り物」。放送では「3月23日」が。翌週の「3月29日」は「日高晤郎」と「歌人」の別れと旅たちの記念公演ということでしょうか。願わくば日高晤郎最後の贈り物ともいえる公演をDVD化するなり、BS日テレとかで放送なりしてもらいたいのですが…。

 STVラジオの公式サイトには日高晤郎ショーフォーエバーが終了する旨のメッセージが放送終了後に掲載れました。以下、「ウィークエンドバラエティー日高晤郎ショーフォーエバー終了のお知らせ」より引用

日高晤郎さんが築き上げてきた「日高晤郎ショー」は、STVラジオにとって唯一無二の存在であり、大きな財産です。ラジオ話芸人として常に先頭を走ってきた日高さんの功績は計り知れませんし、
ラジオ業界全体に与えた影響も多大なものがあります。

しかし、STVラジオが今後進んでいく、5年後、10年後の新たな時代を見据えた場合、更に一歩、前に踏み出し、将来を切り開いていく必要があります。そこでSTVラジオはこの春、「日高晤郎ショー」から卒業することとし、同時に「日高晤郎ショーフォーエバー」の放送を、2019年3月23日をもって終了することを決めました。

確かに亡くなった日高晤郎さんが生きていたら同じことを言うでしょう。新日本プロレスの内藤哲也も最近口にしている「一歩踏み出す」ことは立派だと思います。ですが、STVラジオで春から始まる新番組は今の日高晤郎ショースタイルと決別ということではないですよね?全国でも稀な観客を入れての9時間公開生放送というスタイル。校長先生とか〇〇さんとか。顔は知らないけど名前は知ってる御常連さんとの「縁」も無くなった番組が始まるとなると正直淋しい想いです。

 番組終わるのは仕方ないけど、過去に「北の出会い」のコーナーがCD化されてるのでBGMとかを集めた番組サントラCDとか発売してくれないでしょうか。「渚のトランペット」一つで元気貰えるし。短縮バージョンのエンディングで流れてた曲も好きだったんだけど。

日高晤郎からの卒業を宣言しているSTVラジオで、これまで放送されたように過去の音源が放送されることがないのなら、ユーキャンとかでCDで発売してもらいたいなぁ。矢沢永吉とかアーティストとの対談場面は無理だろうけど。晤郎さんだけが喋ってる所だったら可能じゃないだろうか。

いつか「日高晤郎に会いに行く」、「吉川典雄に会いに行く」のを楽しみにして聴いていた人も多いはず。「いつか、いつかじゃなく、来週来いよ。」みたいなことを生前に晤郎さんは口にしていた記憶があるけど。晤郎さんだけじゃなく、吉川さんにも会う事無く終わってしまうとは思いもしませんでした。自分は東京ですが。札幌市内にいながら一度もスタジオに行ったことが無かったと後悔している人も多いのではないでしょうか。

STVラジオのサイトに掲載のラジオ聴取率調査結果では、日高晤郎ショーフォーエバーが土曜日は他局を抑えて堂々のトップ。数字が悪くて打ち切りでないことは数字からも証明され嬉しい反面、吉川アナ自身も土曜日から卒業らしい。「わかっていながらも理解できない」というジレンマ。

23日に公開生放送の詳細がフォーエバーの番組内で。3月1日に新番組の情報がSTVのサイト上で明らかになるそうです。ラジオファンには「終了」と「存続」が全ての番組で発表になり、一喜一憂の連続の番組改編期の春。「終了」という激震の後に、更なる激震が襲うこと必至の3月1日。来て欲しくないというのが晤郎ショーリスナーの本音ではないでしょうか。

日高晤郎 矢沢永吉 伝説の対談 12月15日 STVラジオで12時から放送!

日高晤郎 死去 小倉智昭 とくダネ で追悼 縁人達も追悼メッセージを

日高晤郎 吉幾三 いくぞー!北の出会い旅 11月29日15時5分 BSで再放送